ADPC SUPPORTERS

我々が記録した愛知県防災航空隊の活動(主に訓練)を写真で紹介しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

西尾市・離島対策総合訓練(佐久島)  

投稿者:進藤(ADPC SUPPORTERS)

ご無沙汰しております。
サポーターズ2名とも本業等多忙のためなかなか更新できずにおりました。
さて、久々の投稿は、本日佐久島で行われました離島対策総合訓練の模様です。


"佐久島について"

佐久島は三河湾に浮かぶ離島で、行政上は愛知県西尾市に属しており、平成25年4月1日時点の人口は262人。
日間賀島・篠島と合わせて三河湾三島や愛知三島と呼ばれています。
対岸の西尾市一色町からは5km程。船で20分ほどかかるため、急病人が発生した際には、ドクターヘリや県防災ヘリに
よる搬送が期待されます。
なお、常備消防は島内になく、有事の際には地元消防団(佐久島分団)や、西尾市消防本部が対岸から渡航し、活動
することとなります。


"本訓練について(想定等)"

佐久島のほぼ真ん中に位置する、佐久島小中学校西側の山林から出火。
地元消防団が消火活動を行う中、西尾市消防本部の指揮隊員を乗せた愛知県防災ヘリが現場上空を偵察の後、
同学校に着陸し、指揮隊員を降機。その後、初期消火中に発生した傷病者(熱傷)をヘリで医療機関へ搬送します。
傷病者を搬送後は再度現場上空へ飛来し、上空偵察を行うというもの。
西尾消防の指揮隊員乗機及び負傷者の搬送(医療機関の想定)は、一色町の坂田野球場グランドを利用しました。
なお、愛知県防災ヘリわかしゃち(JA6792)は対空検査中であり、中日本航空所有のJA6767を代替機として使用し、
現在活動を行っています。


"訓練風景"

本日の画像はすべて、ビデオカメラ映像からのキャプチャーです。
画像が横長であるため、全景は画像をクリックしてご覧ください。


26sakusima-movie (1)

ヘリ飛来に備え、場外離着陸場である学校グランドへ放水する佐久島の消防団員。
消防団員さんに伺ったところ、佐久島の団員は7~8割程度が漁師とのこと。
今回の訓練では消防団員は放水を行うのみでしたが、先日篠島で行われた訓練では、消防団員がヘリの誘導も
行っています。離島の消防団員さすがです。

26sakusima-movie (56)

指揮隊員を乗せた防災ヘリを誘導する、西尾市消防本部一色分署の隊員さん。
地上隊数名は予め船で島へ渡って、訓練を進めています。

26sakusima-movie (11)

西尾消防の指揮隊員2名が降機。

26sakusima-movie (26)

熱傷を負った傷病者が発生しているとのことで、救命士MTU副隊長と、1年目SZK隊員が傷病者のもとへ。
傷病者は現場から軽トラックの荷台に乗せられ場外へ。航空隊員が観察や必要な処置を行います。

26sakusima-movie (31)

地元消防隊員、団員の協力で、傷病者を機内収容。
本日のOPはUEM隊員。

26sakusima-movie (37)

傷病者の観察等を機内でも継続し、離陸準備中。
操縦はFJT機長。

26sakusima-movie (64)

想定医療機関(坂田グランド場外)へ向け離陸。

26sakusima-movie (46)

現場に設置された指揮本部。
消防署長をはじめとした消防職員だけでなく、警察関係者の姿も。

26sakusima-movie (45)

消防団員らの放水により、火災は鎮火し、訓練終了。
このとき、搬送を終えた防災ヘリが上空偵察を行っています。


"訓練を終えて"

通常の市町村訓練と異なり、消防職員の人員が限られており、警備要員が普段のように配置できない中、児童や教員、
そして地元住民の見学者らが行き交う比較的狭い場外離着陸場を十分に警備し、安全を確保することは非常にたいへん
だったのではないでしょうか。
人員の配置、地上隊の車両や資機材の配置、通信機器を有しない消防団員の安全確保(進入方向・経路等の安全情報
が十分周知されない)などの難しさを我々としても感じました。

訓練参加の皆様、おつかれさまでした。
また、西尾消防の皆様、佐久島の消防団員の皆様、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

category: 平成26年度(2014)の訓練

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。